スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説のレシピ・カルボナーラ


本日のお昼ご飯は、今朝の「はなまるマーケット」のスタジオで
薬丸さんが作っていた伝説のレシピ:カルボナーラ

ラ・ベットラ・ダ・オチアイの落合シェフから唯一、暖簾分けを許された
加藤政行シェフが総料理長を務める「ラ・ベットラ ペルトゥッティ」。
その加藤シェフの料理教室でのレシピをまとめたのが
この「予約のとれない料理教室」というレシピ本。

番組ではその中で「伝説のレシピ」として紹介されているカルボナーラが放送されていました
早速、作って食べてみたのですが・・・

  『 ギザウマス・・・(゚Д゚)(゚Д゚) 』

今まで色んなカルボナーラを作ってきましたが、これは美味しい。
しかも『生クリームや牛乳』を使わないのがいい
加藤シェフの話では、
この作り方がローマで作られている本当のカルボナーラなんだそうです。

【材料(カルボナーラ2人前)】
・パスタ(1.4mm):120g
・ベーコン:50g
※卵:2個
※粉チーズ:大匙3
※塩:2つまみ
※黒こしょう・レッドペッパー:適時
・水:160cc(80cc+80cc)
・オリーブオイル:小匙2.5

※印をボールに入れ、卵の繊維が切れて水状になるまでフォークでよく混ぜる

レシピはそのうち、はなまるマーケットにアップされると思います。
興味のある方は、一度作ってみたほうがいいです。
簡単&ギザウマス(゚Д゚)です
スポンサーサイト

ブレーキシュー交換


リムばー裂ける前にシューを交換せんばいけん!

確かそんな決まりがあった気がします
冗談はさておき、
capreoのシューは釘を打てるくらい硬いという報告(→詳細はこちら)

すみません。
今度こそ冗談はさておき・・・
ここ数ヶ月、FRETTAの前輪シューから変な音がしていたのは事実。
(ブレーキをかけていないのに、前輪からシューっと音がする。シューからシューーっと・・・)
おそらく「片効き」に近い状態だったと思うのですが、気付かないフリをしていました
そこで片効き対策を兼ね、シューを交換!

前回、渋地下でコッソリ購入したのはmasaさんと同じ
DURA-ACE R55C2
比べてみると分かりますが、結構磨り減っている?
いいえ。capreoのシューは元々厚みが無いような気がします
(硬いから?)

私は麺踏みダイエット中なので、交換作業はNEOに依頼。

後輪側
ネジを外して・・・



引き抜いて交換




シューの厚みが大きく違うので
ブレーキワイヤーの調整



後輪側は簡単。
問題は「片効きしていた前輪側
ここからは、一家総動員 └(・ω・;)┐=3=└(・ω・;)┐=3 (2人ですけど)
 ・片効きの修正方法が分からない
 ・マニュアルを見ても症状は悪化するばかり・・・
色々と調整しているうちに、こんな姿

結局、ネジの締めると緩めるを全く逆にしていた※ことが判明
 ※Vブレーキの片効きの調整方法を詳しく説明してあるサイト:??

終わってみればなーんてこと無かったのですが、前輪だけで2時間も掛かりました
でもこうやって1つ1つ、自分の思い通りに調整できる事が分かると愛着も湧いてきます
 (ちなみに・・・今回使用した写真は全部705NKにて撮影。結構使えます)

で・・・またひとつ。問題発覚!
これも気付かないフリ・・・って風船恐怖症の本人が気付いてるし

めん匠で讃岐うどん


讃岐うどんばー作ってみるとたいっ
ほうとうを作ってしまい、その思いは更に強固なものへと変わりました。

【教訓その?】 中力粉=(強力粉+薄力粉)÷2では無い
中力粉。別名「うどん粉
このことが詳しく書かれているサイトを見つけました
東京の里山「多摩農園」さんの書かれた「うどん粉の雑学2
これによると、

強力粉と薄力粉を半々に混ぜるとうどん粉(中力粉)のグルテンの割合は同じだけど、最高値粘度(粘り気B.Uという単位で表わす)が違うのです
 ・強力粉は420B.U
 ・薄力粉は380B.U
 ・強力粉、薄力粉を同量まぜたものの粘度400B.U
 ・うどん粉単体の場合、750B.U
もあるのです

「うどんはうどん粉を使いなさい!」ということですね。
週末、ちょうど東京へ出張中だったNEOへメールして
cuocaで「めん匠」※を買ってきてもらいました

めん匠
中力子(別名:うどん粉)の一種
日本製粉の最高級うどん用粉。今現在うどん粉の最高峰

他にも、「讃岐うどん用小麦粉」として
 ・日清製粉:金魚・雀・白椿
 ・日讃製粉:緑あひる・緑水晶
等、色々とあるみたいです
 (参照:手打ちうどん まえば「手打ちうどん用小麦粉」)

【教訓その?】 中力粉でつくりましょう!
最高級うどん粉を手に入れました。
作り方は前回から少し変更
 30分踏んで→2時間寝かし→更に20分踏む→伸ばす→切る

【教訓その?】 麺の太さは慎重に切りましょう!
初心者らしく、慎重にゆっくりと細く切りました

で・・・出来た作品がこちら


...続きを読む

はるゆたかで讃岐うどん


讃岐うどんばー作ってみるとたいっ
ぽたQ(ツマ)さんの記事を拝見して、そう誓いました。

ネットで「讃岐うどん 作り方」で検索して最初に出てくるこのサイト
写真で見る限り、簡単そうです
でも肝心の中力粉が無い

通常の小麦粉の場合は薄力粉180g強力粉220gを混ぜ合わせて作ってください
幻の小麦粉の場合はもちろんうどん専用がピッタリです

なるほどぉ~。
分類で言うと、中力粉のたんぱく質含有量は「8.0~10.5」 (参照:小麦粉の種類)
確かに強力粉(11.5~13.5)と薄力粉(6.5~8.5)でミックスすれば出来るかもしれません。

早速、手持ちの強力粉(はるゆかた)と薄力粉(ドルチェ)で讃岐うどんを作ってみました

薄力粉90gに強力粉110g
水100ccに塩小匙1を溶かして、粉と混ぜる
ビニール袋に入れて足のかかとで踏むこと30分


1時間寝かせる




打ち粉(薄力粉)をして取り出す




伸ばす!




切る!!




出来上がり~!!!




天才かと思いました。この手際のよさ!
麺の味を楽しみたいので、「釜揚げうどん」でいただきました
さて・・・出来た作品はこちら



...続きを読む

米の粉入り食パン


米の粉(リ・ファリーヌ)入りのパン。2回目。
前回は勘違いでオーベルジュというフランスパン用の粉でしたが
今回は食パン用の「はるゆたかブレンド」。





味の方ですが、まだ食べていません。
明日の朝、食べてみようと思います

さてGoogleのサービス
 「Docs & Spreadsheets」
を使ってみました。

今まで大変だった表の作成が簡単に出来ました。
作り方は簡単で、
 表を作成後→「公開」→「公開の詳細設定」→「ファイル形式」
で「ウェブページに埋め込むHTML」を選択。
下に出来たURLを貼るだけ※です。
 ※幅(width)と高さ(height)は変更可能

まだbetaなのでリンクや写真は無理のようですが、なかなか便利かも

黄→黒→白


麹(こうじ)の話です。

麹とは麹菌を穀類に生(は)やし、酵素を分泌させたもので、日本酒、焼酎、しょうゆ、みそなど発酵食品の醸造に使われます
参照元:GEKKEIKAN

焼酎に使われる麹。
日本酒に使われる黄(き)麹、泡盛は黒麹、焼酎は白麹。あまりにも有名なこの麹
元々、焼酎にも黄麹が使われていたそうで、
気候的な問題から黄麹→黒麹→白麹と使われるようになったそうです

■本格焼酎(芋焼酎)の作り方 参照元:「のんダレ亭ィ


一次仕込みの際、米の製麹(せいぎく)に白麹菌を使えば一般的な米麹。
黒麹菌を使えば、黒麹仕込みの米麹が出来るんですね
麹の種類により味の方も変わってくるそうです
 黄麹→さっぱりした味わい
 黒麹→深みやコク
 白麹→ソフトでマイルド

同様に二次仕込みの際、麦を使えば麦焼酎。そばを使えばそば焼酎となります

改めて芋焼酎のラベルを見てみると、
 原材料名:さつまいも、米こうじ
と書いてあります。
麹の原料を「米→芋」にした100%芋焼酎」・「一刻者」というものもあります。

さぁーーーて、前置きが長くなりましたが、
森伊蔵(白麹)・伊佐美(黒麹)と並んで有名な幻の焼酎をいただきました。

...続きを読む

オーベルジュで食パン


せくすぃ~部長にうっとり&爆笑した私です

今度食パンを作るときは、
 「coo-yamさんお勧めの米の粉を使おう!」
と、決めていました。
これだけあった強力粉も後は「オーベルジュ」という粉だけ

米の粉を10%混ぜて水分を調整しながら、後はいつものように・・・
一次発酵は90分。60分で一度パンチでプラス30分。
ところが・・・60分経っても膨らまない
プラス15分、更にプラス15分、更にもう30分
少しは膨らんだのですが、明らかに変。ずっしり重い・・・

慌てて粉を確認してみると
 「フランスパン用粉限りなくフランス産小麦に近い粉と絶賛

間違えた。フランスパン用の強力粉でした。
そんなことスッカリ忘れていました
何故この粉を購入したのかさえ良く覚えていない

こうなったら粉の発酵具合で判断するしかありません。
様子を見ながら一次発酵→二次発酵と済ませ、無事焼き上げました

ひょうたんから駒?
これが意外にも美味しい
サクサクとした香ばしい感触は今までで最高。
しかも噛み応えがあって、しっかりとした味がある(米の粉効果?)
ふんわり柔らかいという食パンとはちょっと違うけど、かなり美味。

ちょっとお気に入りの粉&レシピになりました。
ということで、新たに富澤商店へ粉を注文。

coo-yamさん、今度はちゃんと作りますね(汗)

諸費用のバラツキ

週末に母から電話
 母:「ESSEの中古にしようかと思って・・・」
よく聞くと、中古車祭りで未使用のESSEがコミコミで88万円で売られていたらしい
 私:「グレードは?」
 母:「よー分からんわ。いいグレードって言うとった」 (後で確認すると「L」いうグレード)
 私:「本体価格はいくらなん?」
 母:「色んな経費込みで88万ポッキリでいい!言うとったわ」
危険な香りがします

メーカーにも車の状態にも不満はありませんが、その売り方が気に入らない。
すぐにでも契約してしまいそうな勢いの母を説得して、
私が実家近県で色々と見積もりをとってみました

...続きを読む

Wiiは無いけど・・・


Wiiについている『Mii※』というアバター作成ツール。
 ※噂ではこれが一番熱くなるとか(笑)

Wiiは無いけど・・・という方はこういうFLASHもあるそうです。
Miiとほぼ同じことが出来るみたいです。
でもこれは保存ができません。お試し版FLASHという感じでしょうか。

で、DesignWalkerさんで見つけたのが『Mii Editor Beta』というもの。
ベータですので、細かい設定は出来ませんが
保存が出来て、Wiiにも取り込める!みたいなことがFAQに書いてあります

作い方は、上にあるパーツを順番に選んでいけば簡単に作れます
完成したら『File』で簡易的なイメージ写真も出来ます(笑)
(Fileで出来た画面下の超~長いURLを保存しておけば呼び出し可能)

早速、私のアバター似顔絵を書いてみました
に・・似てる
アバターとはいえ、私の顔を公開するのは抵抗があるのですが・・・


  おい!おめーら!ちゃんと クリック するんだぞ

※誤解を招くような文面でしたので、修正しました。
【お詫び】想像画(な○ださんdai-6・・・かも)

オーブンのススメ


ご飯を温めるのはレンジモード
パンを焼くのはオーブンモード
未だに使い方の良く分からないグリルモード

結局、1000Wのレンジ機能やオートモードは使いこなせないまま
私の長年の勘を頼りに500wと600wのレンジ機能が活躍しています(笑)

そんな時、何気に見ていたE・recipeで気になるメニューを発見!
手羽先のオーブン焼き

作り方はとてもシンプル。
包丁を入れて、料理酒をまぶして、かなり多めに塩コショウ。
250℃のオーブンで15分

ぷりプッリの手羽先のオーブン焼きが出来上がります
(オーブンレンジだと蒸気が逃げないので)
山ちゃんよりかなり大きいのですが、やっぱりこの食べ方!(笑)

今度はハンバーグでオーブンを使ってみました。
フライパンで両面に焼き色をつけオーブンへ
ふっくらジューシーなハンバーグの出来上がり


なるほど~こんな感じに使うのね(^^;)アハハ
オーブンの時は手が空くので、片付けも楽
その分、庫内が汚れるのですが、拭けばなんとかなるし・・・

しばらくオーブンで遊べそうです

気分一新!

新年度を向かえ気分一新!

ブログタイトルを
 オーブンレンジで遊ぼう→チェレステきぶん
に変更しました

内容は何も変わりません(アセアセ)
パンも焼くけど、パソコンが急に気になったり・・・
きっと乗鞍にだって行くはずです。

そんな事をブログタイトルを気にせずに夢中になって書く

ただそれだけの為です。。。はい

これからもよろしくお願いします m(__)m

Template Designed by DW99