スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランス脂肪酸

ショートニングは体に良くない!」と以前教えていただきました。
具体的には、ショートニングに含まれるトランス脂肪酸が良くない

天然に存在する脂肪酸は、ほぼ全部シス型という立体構造を形成していますが、この水素添加したものは、トランス型という天然にない構造になります。トランス型の油は体内で代謝されにくい

【具体的なトランス脂肪酸の害】
 ?悪玉コレステロールを増加させ,.心臓病のリスクが高まる。
 ?ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎を引き起こす不安
 ?トランス脂肪酸をたくさんとるお年寄りはボケやすい

 参照:危険なトランス脂肪酸

この事が今朝のとくダネ!で報道されていました
きっかけはこれ

米NY トランス脂肪酸の使用禁止 外食産業で段階的に
米ニューヨーク市は5日、健康に悪影響を与えるとされるトランス脂肪酸(TFA)について、外食産業による使用を来年7月から段階的に実質禁止することを決めた
 ~中略~
日本では摂取量自体が少ないとして、制限はされていない

詳細記事は「FujiSankei Business i.

重要なのが、最後の一文。
 日本人の平均値・・・1.56g/日
 米国人の平均値・・・5.8g/日
確かに日本人の平均値は米国人の約1/4みたいです。

とくダネ!では、具体的商品名を公表していませんでしたが
NPO法人「食品と暮らしの安全基金」が行ったこの調査結果には驚きました


パンを作る際、バターの代わりに使用するショートニング。
12個のロールパンだと約40gのショートニングを使用します
 (1個あたりのトランス脂肪酸含有量)=14.7×40/100÷12=0.46g

まだ少ない方??
とにかく好んで摂取すべきものではないので、
出来るだけ良質な材料を選んでいきたいと思います

P.S 
マックのフライドポテトMは「4.55g」だそうで・・・
これからXmasシーズン。

 Xmasケーキにフライドチキンにフライドポテトを食べる!

なんてことはやめといた方がいいかも・・・
スポンサーサイト

Template Designed by DW99