スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスパンとは・・・

今度は何を焼こうかと、
島津睦子先生の書かれた「手作りパン工房
を見ていると、気になる一文を発見!



フランスでは本来、パンによってその長さ、重さ、クープ(切り込み)の数が決められています。ちなみにこのバゲットは長さが68cm、生地重量が350g、クープが7本です

き、決まっているの?
早速聞いたことのあるバゲット・エピ・パリジャン・・・を調べてみました

■代表的なフランスパンの種類(その他詳細はwiki参照)  
名前意味重量長さクープ特徴
ドゥ・リーブル2ポンド850g55cm3最も大きくて太い
パリジャンパリっ子650g68cm5中身を楽しむサンドイッチ向け
バゲット※棒 杖350g68cm7皮を楽しむ
バタールあいのこ
中間
350g40cm3中身を楽しむサンドイッチ向け
太さ→
パリジャンとバゲットの中間
フィセルひも150g40cm5バゲットの短いもの
皮を楽しむ
エピ350g68cm7ちぎって食べる
  ※バゲット(baguette:杖)でバット(bucket:バケツ)ではない
  ・細かな説明はこちらの説明が分かりやすいです

手作りパン工房で見てみると、
これらのB/P※(ベーカーズ・パーセント)は見事に全部同じ。
 ※小麦粉を100とした場合の他の材料の割合
つまり同じ配合でも、大きさや形で名前が違い、食感も異なる
お・・・おもしろい!

そもそもフランスパンが生まれたのはフランス革命(1789年)後。
それまでは丸い「パン・ド・カンパーニュ」(田舎パン)が食べられていたそうです

■フランス革命とフランスパン
フランスパンが『フランス国民のパン』となったのは、実は、それほど昔のことではなく、フランス革命のときからで、人為的にそうなったのです。
1789年11月15日に布告された国民公会の法令の第9条にはこうあります。「フランスのすべてのパン屋は、ただ1種類の良質のパン、すなわち平等パンだけをつくるものとする。違反した場合は禁固刑に処する。」
この第9条は、同第8条「富裕と貧困は平等の体制からは焼却すべきものであるがゆえに、金持ちは極上小麦の白パンを食べ、貧乏人はふすまパンを食べるということがあってはならない。」を受けたもので・・以下略
~引用:世界のパン紀行「フランスのパン

歴史のある食べ物は面白いですね。
今では素人の私でも簡単に材料を仕入れて焼くことが出来ます。
いたずらに焼くのではなく、そういった過去の歴史を理解して楽しんでいこうと思います
(ちなみに家庭のオーブンでは、68cmのバゲットは長すぎて焼けません)

■参考
 日本で最初にフランスパンを製造販売したのが、
 文京区目白台の「関口フランスパン
スポンサーサイト

Template Designed by DW99