スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦粉の種類

パン作りに欠かせないもの。小麦粉。
小麦粉の中でも「強力粉」というのものがパンの主役です

さすがに聞いたことはあると思いますが、
何が強力なのか???は知らない人が多いはず。(私も知りません)

と、そんな疑問に答えてくれるのがcuocaのサイト

小麦粉には、小麦にしか存在しないグルテニングリアジンと呼ばれる「タンパク質」が含まれています。
この2種類のタンパク質は、水と結合するとグルテン」と呼ばれる網目状の組織を形成します。
そのグルテンが、イーストの発する炭酸ガスを覆うことによって、パンはふくらみます。つまり、グルテニンやグリアジンが多く含まれている(=タンパク含有量の多い)小麦の方が、よく膨らむパンが出来るということになります。

私の知りたいことが全部書いてありました。
つまり、イースト菌の出すガスをグルテン(タンパク質)の網目が守って生地が膨らむ!
ということ。
つまりつまり、
 タンパク質が多い=網目が強力=よく膨らむ

手持ちの粉を見てみると・・・
おーーっ、書いてある。。。


更に驚いたのが、
 強力粉に薄力粉をブレンドすればフランスパンにも使えるものがある!
ということ

詳細は、cuocaの「強力粉辞典」

ちょっと小麦粉に詳しくなりました
スポンサーサイト

Template Designed by DW99