スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めん匠で讃岐うどん


讃岐うどんばー作ってみるとたいっ
ほうとうを作ってしまい、その思いは更に強固なものへと変わりました。

【教訓その?】 中力粉=(強力粉+薄力粉)÷2では無い
中力粉。別名「うどん粉
このことが詳しく書かれているサイトを見つけました
東京の里山「多摩農園」さんの書かれた「うどん粉の雑学2
これによると、

強力粉と薄力粉を半々に混ぜるとうどん粉(中力粉)のグルテンの割合は同じだけど、最高値粘度(粘り気B.Uという単位で表わす)が違うのです
 ・強力粉は420B.U
 ・薄力粉は380B.U
 ・強力粉、薄力粉を同量まぜたものの粘度400B.U
 ・うどん粉単体の場合、750B.U
もあるのです

「うどんはうどん粉を使いなさい!」ということですね。
週末、ちょうど東京へ出張中だったNEOへメールして
cuocaで「めん匠」※を買ってきてもらいました

めん匠
中力子(別名:うどん粉)の一種
日本製粉の最高級うどん用粉。今現在うどん粉の最高峰

他にも、「讃岐うどん用小麦粉」として
 ・日清製粉:金魚・雀・白椿
 ・日讃製粉:緑あひる・緑水晶
等、色々とあるみたいです
 (参照:手打ちうどん まえば「手打ちうどん用小麦粉」)

【教訓その?】 中力粉でつくりましょう!
最高級うどん粉を手に入れました。
作り方は前回から少し変更
 30分踏んで→2時間寝かし→更に20分踏む→伸ばす→切る

【教訓その?】 麺の太さは慎重に切りましょう!
初心者らしく、慎重にゆっくりと細く切りました

で・・・出来た作品がこちら


...続きを読む

スポンサーサイト

はるゆたかで讃岐うどん


讃岐うどんばー作ってみるとたいっ
ぽたQ(ツマ)さんの記事を拝見して、そう誓いました。

ネットで「讃岐うどん 作り方」で検索して最初に出てくるこのサイト
写真で見る限り、簡単そうです
でも肝心の中力粉が無い

通常の小麦粉の場合は薄力粉180g強力粉220gを混ぜ合わせて作ってください
幻の小麦粉の場合はもちろんうどん専用がピッタリです

なるほどぉ~。
分類で言うと、中力粉のたんぱく質含有量は「8.0~10.5」 (参照:小麦粉の種類)
確かに強力粉(11.5~13.5)と薄力粉(6.5~8.5)でミックスすれば出来るかもしれません。

早速、手持ちの強力粉(はるゆかた)と薄力粉(ドルチェ)で讃岐うどんを作ってみました

薄力粉90gに強力粉110g
水100ccに塩小匙1を溶かして、粉と混ぜる
ビニール袋に入れて足のかかとで踏むこと30分


1時間寝かせる




打ち粉(薄力粉)をして取り出す




伸ばす!




切る!!




出来上がり~!!!




天才かと思いました。この手際のよさ!
麺の味を楽しみたいので、「釜揚げうどん」でいただきました
さて・・・出来た作品はこちら



...続きを読む

Template Designed by DW99